東京での葬儀についてのプラン

東京は日本の首都ですから、人が密集しますし、それだけ企業や業者の数も多いです。

もちろん、葬儀屋さんの数もたくさんありますから、喪主や親族の望みにそった葬儀をとりおこなってくれるところを探して依頼する必要があります。
しばらく前、私の祖父が亡くなり、東京で葬儀を依頼しました。
二日間、おそらくお通夜と告別式だと思いますが、お坊さんのお経を喪主席で聞きました。
私自身は身内だけで葬儀を行いたいと思っていたのですが、祖父はそれなりに権威のある人で、もし葬儀に参列したいという方がいればぜひ参列してほしいという母と祖母の希望から一般的な葬儀を依頼しました。
葬儀では祖父と交流のあった親戚や友達が集まり、最後まで素晴らしい進行でつつがなく終わり、一区切りついたという気持ちになりました。
やはり葬儀は、遺族がやきもきしないようなしっかりとしたプランを作る必要があると感じます。

ところで、東京の葬儀には宗教や形式に合わせたさまざまなプランがあります。
その中で、例えばどんなものがあるのでしょうか。プランには大きく分けて、お通夜と告別式を行うか行わないかの二つがあるようです。

わたしはお通夜と告別式を行う葬儀の体験しかありませんが、お通夜と告別式を行わず、火葬のみの葬儀があると知って少し驚きました。
費用を抑えることができるので、経済的な葬儀にすることができるみたいですね。やはり葬儀にはたくさんお金がかかってしまいますから、最近ではそういった配慮のプランもできているようです。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017親しかった人の葬儀の思い出.All rights reserved.